技術情報

#70 銅の溶接に成功TECHNOLOGY INFORMATION

弊社では、銅の抵抗溶接が可能です。

 

上記の写真の接合物は厚み1㎜のバスバーの一部です。

 

銅の溶接は困難とされています。

何故、銅の溶接が難しいのかについて簡単にご説明いたします。

銅は熱伝導率が高く溶接時に加えられた熱が拡散しやすいのです。

さらに、熱膨張率も高いため、溶接時に変形が生じる可能性があります。

これらの点から、銅の溶接は困難とされています。

弊社では銅のバスバーにプロジェクションを造ることで溶接を可能にしました。

(プロジェクション溶接)

プロジェクションとは突起を意味します。

溶接したい金属材料の片方にプロジェクション(突起)を作り、

その部分を加圧しながら大電流を流すことでプロジェクション(突起)部分を

溶かし溶接する抵抗溶接の一種です。

今回は、銅のバスバー溶接についてまとめさせて頂きましたが、

弊社では現在も抵抗溶接についての実験など行っておりますので

抵抗溶接についてお気軽にご相談頂ければと思います。