技術情報

#48 0.05mm+0.1mmの溶接TECHNOLOGY INFORMATION

 

細線は軽く引っ張っただけで簡単にちぎれてしまうので繊細に扱わなければなりません。

また0.1mmの細線にはテフロン材が巻かれているのでテフロン材をはがさないといけません。

さらに電圧が少しでも変わってしまうと溶接できなかったり、スパークしてしまったりします。

それだけではなく電極棒が2つの線が交わっているとこに合わせないと良い溶接ができません。

難しい溶接ですが、ノウハウを掴むと可能です。

現在、製品のコンパクト化や軽量化が進んでいます。

弊社ではそういった需要に対応できるよう金属同士の抵抗溶接の研究を行っております。

 

弊社では抵抗溶接のさまざまなノウハウがありお客様のニーズに寄り添ったご提供をさせて

いただきます。

          **********************************************************************

          弊社では様々な接合に関する実験・検証・試作対応等を行っております。

          接合に関するご相談・お悩み等、是非お気軽にお問い合わせ下さい。

                  三興工業(株) TEL 06-6992-2474 本社工場

         ***********************************************************************