技術情報

#24 リード線とカシメの抵抗溶接と半田TECHNOLOGY INFORMATION

今回はリード線とカシメの抵抗溶接と半田付けについて実験しました。

抵抗溶接では溶接部が崩れない、母材を傷めない溶接ができます。

引っ張り検査の記録をみると

抵抗溶接
引張り強度
1 45N
2 58N
3 50N
4 43N
5 54N
6 55N
7 51N
8 44N
9 56N
10 54N
平均 51N
上限値 58N
下限値 43N

という強度結果になっています。

半田付けでは下の図のように半田がカシメに広がった状態です。

引っ張り検査の記録では

抵抗溶接
引張り強度
1 50N
2 60N
3 60N
4 60N
5 60N
6 60N
7 60N
8 56N
9 60N
10 58N
平均 58N
上限値 60N
下限値 56N

という強度結果になりました。

抵抗溶接は半田付けと変わらないくらいの強度があると思いました。

また互いの接合部を見ると抵抗溶接は形状変化がなく綺麗に接合できていて一見

本当に溶接したかわからないくらい綺麗に溶接できています。

コスト面や環境面など半田付けよりもメリットがあります。

***********************************************************************

弊社では様々な接合に関する実験・検証・試作対応等を行っております。

接合に関するご相談・お悩み等、是非お気軽にお問い合わせ下さい。

三興工業(株) TEL 06-6992-2474 本社工場

***********************************************************************