技術情報

#23 相性の悪い電極棒での溶接TECHNOLOGY INFORMATION

#22で紹介したA電極棒で相性のいい物(ニッケル・ステンレス等)、悪いもの(銅・銅合金)を溶接をしました。

相性のいい物の溶接は強度もあり、安定した溶接ができます。

一方相性の悪い銅合金を溶接すると簡単にぽろっとはがれてしまいうまくできませんでした。

溶接物の材質により、使用する電源、電極棒が大きく変わります。

 

図①左がニッケル 右が銅合金

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

図②ニッケル引っ張り検査

ニッケルは使用した電極棒と相性がいい為溶接できています。

図③銅合金引っ張り検査

銅合金の方は見た目は溶接できているように見えますが引っ張り検査をすると

簡単にとれてしまいます。

 

弊社ではお客様のニーズに寄り添った溶接を提案させていただきます。

**********************************************************************

弊社では様々な接合に関する実験・検証・試作対応等を行っております。

接合に関するご相談・お悩み等、是非お気軽にお問い合わせ下さい。

三興工業(株) TEL 06-6992-2474 本社工場

***********************************************************************